門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.03.15
労働者の福祉向上、また社会貢献や福祉活動に多大なご尽力!京都労働者福祉協議会、南地区・伏見地区労働者福祉協議会から、医療用ガウン1,080着をご寄付いただきました。京都労福協 廣岡和晃会長、篠原輝雄事務局長、伏見労福協 辻村法雄会長、南労福協 西田裕会長はじめ皆さんに敬意と感謝。

労働者の福祉向上はもとより、被災地支援など福祉活動、清掃活動や文化、スポーツ、行政への政策提言など、幅広くまちづくりにご貢献!
この度、新型コロナの最前線で奮闘する医療従事者の安心安全のためにと、大量の医療用ガウンをご寄付!(購入は福島県の業者からとの事、ご配慮に敬意)、皆さんからは12月にも医療用ガウン、2月には不織布マスクも多数いただいてます。こうした温かいご支援が現場で献身的に働く皆さんの心の支えに。厳しい状況は続きますが、共々に、危機を乗り越え明るい未来へ!世のため人のために高い志でご活動の皆さんに、心から敬意と感謝。