門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.06.03
「SDGs」と「レジリエンス」の理念を融合した連携協定は本市初!共々に誰ひとり取り残さない、SDGs、レジリエント・シティの実現へ!京都中央信用金庫と「SDGs及びレジリエント・シティの推進に関する連携協定」を締結。白波瀬誠 理事長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。

京都中央信用金庫さんは地域に根差し、中小企業支援、子育てや教育、文化芸術、SDGs、スタートアップはじめ幅広い京都のまちづくりに多大なご貢献。しなやかに強く持続可能な魅力あふれる京都の実現と、あらゆる社会課題の解決に向けて、共に取組を推進していけるのは心強い限り!
今回の協定により、ますます連携を深め、すでに連携をしている取組の強化はもとより、「“みんなごと”のSDGs、レジリエント・シティ推進事業」や「伝統産業の活性化」、「エシカル消費の普及促進」など、新たな取組をそれぞれがアイデアを出しながら具体化させていきます。
引き続き幅広い社会的課題に挑戦し、誰ひとり取り残さないSDGs、レジリエント・シティの実現へ!共々に力を尽くします。
<連携事項>
①SDGs・レジリエンスの理念等の浸透に関すること
②地域経済活性化に関すること
③持続可能なまちづくりに関すること
④市民の安心・安全に関すること
⑤その他本協定の目標達成に資すると認められる事項に関すること