門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.06.23
市民、住民組織、NPO、事業者、大学、寺社、行政機関等、多様な主体の協働による社会課題・地域課題の解決へ!京信さんの「QUESTION」活用等による地域づくりを目指します。京都信用金庫と連携協定を締結。榊田隆之 理事長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。

京都信用金庫さんは日本で最初に「コミュニティ・バンク」を提唱、金融サービスを通じて地域貢献、中小企業支援等に取り組まれ、地域経済を支えていただくとともに、スタートアップ支援やソーシャルビジネス等創造的にお取り組み。昨年11月には一人では解決できない「?」(=地域課題)に対し、様々な人が集まり対話を通じて答えを探す場として、コワーキングスペース「QUESTION」をご創設!
今回の協定により、ますます連携を深めます。すでに連携をしている取組の強化はもとより、「QUESTIONタウンミーティング」や「未来に向けて活力ある京都経済の推進」、「人事交流によるイノベーティブ人材の育成」など、新たな取組をそれぞれがアイデアを出しながら具体化させていきます。
引き続き豊かで活力ある地域社会の実現と京都経済の発展へ!共々に力を尽くします。
<連携事項>
あらゆる主体が参加するQUESTIONタウンミーティングの実施を基軸に据え、以下のとおり連携
①人々が安心して暮らせるまちづくりの推進に関すること
②未来に向けて活力ある京都経済の推進に関すること
③豊かな暮らしを支える文化芸術・スポーツの振興に関すること
④地域におけるソーシャルマインド及び環境マインドの醸成に関すること
⑤人事交流によるイノベーティブ人材の育成に関すること
⑥若者や留学生の学びと成長、地域社会の活性化に関すること