門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.11.02
京都洛中ロータリークラブ例会にお招きいただき、「持続可能な財政を確立し、魅力あふれる京都を未来へ」をテーマに講演。感染防止策を徹底してご開催。錚々たる皆さんがお集まり!山本惠 会長はじめ皆さんに深謝。

山本会長を先頭に常に真心のこもった奉仕活動に取り組んでおられる京都洛中ロータリークラブさん。お世話になりご縁の深い方々のお顔を拝見でき元気を頂きます。この間 多数のマスクをご寄付等多彩な貢献、深謝。
昨年来フルオープンの「持続可能な行財政審議会」、また議会での深い議論を経て、8月には令和3年度から5年間にわたる、「行財政改革計画」を策定(特に3~5年度は集中改革期間)。これまで京都市では昭和の時代から脆弱な財政基盤の中でも、全国に先駆け、国制度の不足を補う形で福祉、医療、教育、子育て支援、安心・安全などの高い水準の施策を実施。今回の改革はその理念を生かしつつ、社会経済情勢の変化を的確に捉えて一つ一つ効果を検証し、持続可能なものとするための改革。そして改革で得られた財源をより困難を抱える方に再分配し、セーフティネットを機能させる、子ども・若者・子育て世代等への予算をしっかり確保するというもの。そのための徹底した庁内改革、社会経済情勢に対応した施策の転換・再構築、公共施設・投資的経費のマネジメント、市バス・地下鉄はじめ全会計連結による改革、都市の成長戦略の推進などについて具体的にお話しました。
引き続き、誰一人取り残さない、すべての世代が暮らしやすい魅力と活力あるまち」を実現へ、皆さんと共に、不退転の決意で改革に取り組み、明るい未来を切り拓いてまいります。