門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.11.10
続いて指定都市市長会議(臨時会議)。指定都市がしっかりとその役割を果たせるよう、国への提言、要請等について協議、決定。さらに部会等での議論を踏まえ、多彩な課題について議論!

本日は、議題として「感染症対策の広域自治体・指定都市の役割分担」「国産ワクチンの早期実用化」「ワクチン追加接種」「自治体情報システム」「デジタル化」「新たな時代の学校」「国土強靭化」「多様な大都市制度」に関する提言・要請等について協議し、決定。
「新たな時代の学校」の創造については、文化芸術・教育部会長を務める私から各市長に提案趣旨を説明。「オンライン授業等の学習活動の取扱いに係る各地方自治体の取組支援及び必要な制度改善等」「ICT機器整備や通信環境の更なる充実、機器更新、家庭における通信費補助制度の創設等に必要な財政措置」「質の高い学びを実現するための指導体制の確保に必要な定数改善、働き方改革の推進と優秀な人材の確保に向けた教職員の処遇改善に必要な財政措置」などを国に提言します。
まちづくり・産業・環境部会(岡山市長)からは部会での議論をご報告。ほか、指定都市議長会(堺市長)、国土強靭化(さいたま市長)、連合組織法制化(福岡市長)、経済界との連携強化(川崎市長)等々の報告。いずれも重要な内容。大変有 意義な時間でした。
引き続き、コロナや災害の対応をはじめ、各指定都市としっかりと連携して取り組んでまいります。