門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.11.13
「みなとオアシス」登録記念!「伏見みなとの賑わい広場」にお伺いしました。各地域で様々なテーマの下にご活躍の皆さんと久々に懇談。@伏見みなと広場・伏見港公園。伏見区市協連絡協議会、伏見観光協会、伏見酒造組合、伏見桃山がんばる7商店街、洛南保勝会、月桂冠、黄桜、京阪ホールディングス、西日本旅客鉄道はじめ開催にご尽力の皆さんに深謝。

伏見港は、豊臣秀吉の伏見城築城によって開港された河川港。江戸期には京都と大坂を結ぶ河川水運の要として発展。明治以降の交通網の発展により港の役割は終えましたが、現在も観光船の十石舟が行き来するなど、貴重な水辺空間に!
みなとオアシスは「みなと」を核とした地域住民の交流や観光振興を通じた地域活性化を促進するため、国交省が認定する制度。伏見港は全国で148箇所目として今年4月に登録!
会場では伏見自慢の特産品等の物販や「みなとマルシェ」や、サップ体験、水辺の夜の賑わいを創出する「伏見みなとあかり」(中村ローソク、酒蔵小路さん主催)が開催。同時開催イベントも多数の盛り沢山の内容!引き続き、官民が連携して伏見地域の活性化を図ってまいります。