門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.11.14
京都の野球の発展に偉大なご功績!第7回京都野球殿堂 新たに故野村克也さん、吉田義男さんが殿堂入り!御功績に心から敬意!わかさスタジアム京都で除幕式。京都野球協会 佐々嘉孝 会長、原田守光 理事長をはじめ関係者の皆さんに敬意と感謝。

京都の野球発展に尽力された先人たちのご功績を讃えるため設立された「京都野球殿堂」。野村克也さんは京都峰山高校をご卒業後、南海ホークスで捕手で4番の重責を担われ、リーグ優勝も達成!引退されるまで捕手として闘志を燃やされ、不滅の3017試合出場を記録。捕手の三冠王、657本塁打は大リーグにもない偉大な記録!また、ヤクルトや阪神、楽天の監督として後進の育成や球界の発展にもご献身。本日は息子克則様の奥様、野村有紀子様、お孫さんの野村彩也子様、お兄様の野村嘉明様(西京区桂にお住まい)らがご出席。深謝。
吉田義男さんは山城高校、立命館大学を経て阪神に入団。ベストナイン9回の遊撃手最多記録を持たれ、盗塁王の獲得も複数。三拍子そろった名選手として一時代を画されました。また、阪神の監督としてセパ分立後初の日本一も達成!
先人の方々のお心をしっかり学び、未来に伝えることを改めて胸に刻みました。
野球をはじめ市民スポーツ・競技スポーツの更なる振興へ!全力を尽くす決意を新たに。