門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.04.01
新京極誕生150周年記念式典。新京極商店街振興組合 岡本喜雅 理事長、西村秀生 実行委員長はじめ歴代の役員、ご尽力の皆さんに深く敬意。商店街は京都の誇り、宝と改めて実感!

開通(明治5年)から150年、常に京都のにぎわいの核であり続けている新京極通。新京極商店街振興組合さんは、京都経済の発展、文化の振興、安心安全なまちづくり、地域の文化を生かした観光振興な多大なご貢献。また、この間京都の商店街初の試みとなるアーケードを利用した広告収入事業の実施(3/1~)、さらには150周年記念事業として写真展を開催(7/5~24・9/1~13)されるなど、コロナ禍の厳しい状況にあっても工夫を凝らし、消費喚起の取組のほか、商店街活性化のため の多彩なご活動。頭が下がります。
本市では、皆さんのお声をお伺いしながら、様々な支援策を展開。経営相談体制も強化してきたところ。さらに商店街のデジタル化支援・持続可能な京都観光の推進など、多彩な支援事業を盛り込んだ今年度予算が先日成立。引き続き、京都の宝である商店街の皆さんの事業継続と成長をお支えし、“挑戦と改革”で魅力と活力ある京都のまちづくりを共々に進める決意を新たに。