門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.06.12
共に手を携えて受動喫煙防止を推進 受動喫煙防止憲章事業者連絡協議会 佐竹力総新会長、佐々木和夫新副会長が就任のご挨拶に。北原茂樹前会長、上田行男前副会長、浅沼健夫副会長、南部和久事務局長もご一緒です。

飲食店、旅館、喫茶店等を営む事業者の皆さんで構成される「京都府受動喫煙防止憲章事業者連絡協議会」。
市、府、協議会の3者で「受動喫煙防止の推進に関する連携協定」を締結し、店舗等の受動喫煙対策(「禁煙」、「完全分煙」、「空間分煙」、「時間分煙」)など禁煙の状況を示す「店頭表示ステッカー」普及の取組を進めています。事業者の主体性で自主的に取り組もうとの趣旨。
これまで市内7,000の店舗へステッカー表示の取組を展開。この自主的な取組は各サービス事業者の、幅広い「おもてなし力」の向上にも寄与。東京オリパラ、ワールドマスターズゲームズ関西などに向け今後、益々入洛者が増加!これからも、佐竹新会長はじめ皆さんとの連携の下、市民や事業者の皆さん、観光客の方々共々に、たばこを吸う人も、吸わない人も気持ちよく過ごせるまちづくりを推進します。