門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.05.01
京都市産業技術研究所 吉田佳一 新理事、吉田多見男 前理事がご挨拶にお越しくださいました。西本理事長らもご一緒

明治41年開設の旧西陣織物染色試験場を京都市が引き継ぎ、大正5年に京都市染織試験場を創設して以来、京都のものづくり文化の優れた伝統を継承するとともに、先端産業技術の創造を目指す中小企業等に対するきめ細かな支援により、京都産業の発展を技術面から支えてきた産業技術研究所。
吉田多見男 前理事は、4年間にわたり、西本理事長と共に、JSTに採択されたシリコンカーバイドの研究開発などの産学公連携プロジェクトを強力に推進。ご尽力に心から感謝。吉田佳一 新理事には、京都の強みを活かしたイノベーションの創出を一層加速していただくようお願いしました。