門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.05.12
「暮らしに息づく文化」の重要性、継承の大切さを改めて実感!将棋永世七冠の羽生善治さん、有斐斎弘道館館長の濱崎加奈子さんと京都大好きトーク

プロ棋士として30年以上第一線で活躍され、平成8年に史上初の七冠、昨年には前人未到の「永世七冠」を達成され、国民栄誉賞も受賞された羽生さん。有斐斎弘道館館長として、また大学の教員、京都観光おもてなし大使として、伝統文化の継承と発信にご尽力の濱崎さん。
生活の中で文化に親しむことの意義、伝統文化の未来への継承、京都に対する思いなどについて話は尽きず、お二人の深いご見識、魅力あふれる人間性に感銘!益々のご活躍を祈念しています。敬意と感謝。
文化庁の機能強化しての移転を見据え、日本の心のふるさと、精神文化の拠点都市・京都が果たすべき役割を改めて肝に銘じ、努力してまいります。