門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.05.15
「指定都市サミットin 札幌」初の「文化芸術・教育部会」。京都から文化庁地域文化創生本部 松坂事務局長も出席、市長らと侃々諤々!議論が深まりました!

川崎、静岡、名古屋、熊本の各市長の皆さん(大阪市は公務でご欠席)と、テーマの設定。先ず、今年度は文化芸術をテーマに「文化と経済の融合」「文化芸術による共生社会の実現」について、来年度は教育をテーマに「全ての子どもたちの豊かな学びと育ちを保障するためのチーム学校体制の充実」「教員の資質向上」「学校施設整備に対する財政措置の拡充」「生涯学習の振興」について議論していく方針を確認。松坂事務局長から文化行政の現状と課題についてプレゼンいただいた後、議論を深めました。
私からは、機能強化された文化庁の京都移転を文化政策の転換点として、都市圏における中枢都市であり、かつ基礎自治体である指定都市が水平連携して全国のモデルとなる文化、教育振興の取り組みを実施し、文化、教育で日本を元気に!SDGs(国連が定めた17の持続可能な開発目標)の実現にも貢献!文化による地方創生を実現していくことを誓い合いました。