門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.05.17
小川治兵衛作の「植治の庭」!自然と文化に触れる場・円山公園の再整備が進行中!市役所1階でパネル展。

名勝円山公園は、明治6年の太政官布達に基づき、明治19年に開園した京都市で最も古い公園。無鄰菴をはじめ数々の名庭園を生み出された作庭家・七代目小川治兵衛が手がけられた庭園「植治の庭」を、自由に(無料)お楽しみいただけます。
しかし開園から130年を経て、施設の劣化や樹木の繁茂による眺望・景観の悪化等、様々な課題が。昨年策定した保存管理計画に基づき、多数の専門家の科学的な検証を踏まえ、再整備を進めているところ。国内外からお越しの皆さんや市民の皆さんに、より一層楽しんでいただける円山公園を目指し努力してまいります。ご尽力の植彌加藤・加藤大貴会長もご覧に。