門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.06.06
国の来年度予算・施策に関する要望。早朝から東京の各省庁、国会などを駆け回り、地方創生、文化庁の京都移転、中央市場の全面改修への支援、子育て支援、森林整備など京都選出国会議員、国交相、厚労相、農水相ら3大臣はじめ各省庁の幹部の方々に要請・懇談、それぞれの責任者に直訴し、手応えを実感!

「文化の力による全国の地方創生、文化芸術の振興に向けた文化庁の機能強化及び全面的な京都移転の推進」「京町家等の歴史的建築物の保全・継承」「子ども・子育て支援の充実」「将来を見据えた広域的な道路ネットワークの実現」「違法民泊対策」「中央市場再整備への支援」「下水道事業への国庫補助の堅持・充実」「京都らしい町並み景観の保全」「地方分権改革の推進」など多岐にわたる内容について、国会議員の先生方や大臣、副大臣、各省庁の幹部に要請しました。
伊吹議員、二之湯議員、西田議員、田中議員、安藤議員、繁本議員、本田議員、木村議員、阿達議員、足立議員、竹内議員、太田議員、浮島議員、熊野議員、山本議員、前原議員、山井議員、泉議員、福山議員、厚労省・加藤大臣、国交省・石井大臣、文科省・丹羽副大臣、義本高等教育局長、小松審議官、文化庁・宮田長官、中岡次長、農水省・齋藤大臣はじめ、ご多忙にもかかわらず、真摯にご対応いただいた皆さんに深謝。