門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.06.08
琳派発祥の地・北区鷹峯に、市田ひろみさんのご寄付、川勝造園さんらのご尽力で「琳派400年記念碑」が誕生!感激です

3年前、琳派の祖・本阿弥光悦が鷹峯に芸術村を拓いてから400年を迎え、オール京都で琳派400年記念祭を実施。琳派が日本の文化芸術・伝統産業に及ぼした影響を再認識する機会となり、多くの市民や観光客の皆さんの感動を呼び起こしました。
そして光悦の生誕460年を迎える今年、市田ひろみさんのご寄付により、素晴らしい記念碑が誕生。琳派研究の第一人者・河野元昭先生が選ばれた碑文を、京都市文化功労者の書家・吉川蕉仙先生が揮毫。地元の川勝造園さんが献身的に。皆さんの尊いお志に心から敬意。感謝に堪えません。
記念碑に刻まれた「此後(こののち)とても昔の名作におとらぬ名人いくらも出申(いでもうす)べし」という光悦のことばからは、過去の名作に対する敬意と、革新を繰り返すアートの未来への希望が感じられます。文化庁移転を見据え、「世界の文化首都・京都」へ!光悦にそっと背中を押していただいたような気持ちになり、決意を新たにしました。深謝。