門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.07.05
国に採択された京都市・工繊大の共同プロジェクトの成果!産学公連携による新産業創出拠点が工繊大に誕生!「地域科学技術実証拠点」開所式、視察、共々に京都の中小企業の振興、ものづくり、イノベーションに取り組みます。

「知と美と技」を探求する独自の学風を築かれてきた偉大な伝統を誇り、京都の伝統文化や伝統産業との結び付きが深い京都工芸繊維大学。大学の研究成果を社会に還元され、地域の発展にも多大なご貢献。京都市と工繊大は連携協定を結び、地域産業の振興や新産業の創出など相互に連携・協力を深めてきました。森迫学長はじめ皆さんに敬意と感謝。
新たに開所した拠点は、電磁妨害波を測定・評価できる「電波暗室」をはじめ最先端の設備を備え、AI(人工知能)や電気自動車などが普及する未来のスマート社会に向け、低コストで信頼できる電力供給や融通を支援。今年度は、京都市の新規事業として、市内中小企業との連携により新事業創出を図ります。
「大学のまち・学生のまち」ならではの知の集積は、京都の大きな強み。今後も連携を更に深め、市内の電子部品・デバイス製造業をはじめとする中小企業の振興につなげてまいります。