門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.08.06
立場を超えた出会いを作ることで新しい価値を生み出し、京都から世界へ、京都に伝わる価値観を創造的に発信!「京都流議定書」。私が教育長当時からのご縁。実行委員長のウエダ本社 岡村充泰 社長の熱意と行動力、素晴らしい人の繋がりでスタートし、今年で12年目!継続の偉大さ、全国への広がりを実感!本日は、岡村社長、新井和宏 ㈱eumo代表、田口一成 ㈱ボーダレス・ジャパン代表、西村勇哉(NPO)ミラツク代表、岸上有紗 FTSE RUSSELLアジア・パシフィックESGヘッド、金田晃一 ㈱NTTデータ社会貢献推進室シニア・スペシャリスト、櫻本真理 ㈱cotree代表、小出直史 理化学研究所研究員ら創造的にご活動の皆さんが、SDGsやESG投資等をキーワードに議論。ご尽力の皆さんに心から敬意と感謝。

ソーシャルイノベーション、NPO法人の活性化、「みんなごとのまちづくり」など、今の京都のまちづくりの根幹となる理念の原点が、このネットワークに。志高い多くの若き起業家たちが、ここでの学びや出会いをきっかけに飛躍していきました。今回は「SDGs×イノベーション×いい会社×働き方改革の本質を探る二日間」をテーマに2日間開催(1日目は「Social Innovators DAY」、2日目は「TRAFFIC DAY」)。
京都市では、4年前に「京都市ソーシャルイノベーション研究所(SILK)」を立ち上げ、様々な社会の課題をビジネスの手法で解決していこうと全国に先駆けた取り組みを展開。近年、クリエイティブな企業の京都進出が相次ぎ、更に「Plug&Play」の拠点開設や㈱フェニクシーによる異業種連携インキュベータ「toberu」開設など、社会を変えるスタートアップを育てる「エコシステム」の構築も進みつつあります。
私は 毎年 この会で 志の高い素晴らしいリーダーに出会えるのが楽しみです。新井さん、田口さんはじめ皆さん有難うございます。これからもしっかり連携し、京都からソーシャル・イノベーションの輪を広げ、国連のSDGsも見据えた取り組みに全力を尽くすことを改めて決意!