門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.08.06
京都市の教職員・学生さんらを対象に読み書き障害等 学習障害に関する対談型講演会(主催 京都市教育委員会等)@京都女子大学。京都市の総合育成支援教育に力強いご支援・ご助言をいただいている竹田契一 先生、43歳で読み書き障害の診断を受けられ、その後 大学で学ばれ、50歳を超えた今も夢に向かって挑戦を続けておられる井上智さんによる対談型の講演会。「一人一人を徹底的に大切にする」京都市の教育理念を更に磨き上げ、「誰ひとり取り残さない」国連のSDGsの達成にも貢献する決意を新たに。深謝。

京都市では、読み書き障害を含む学習障害等のある子どもたちを支援するLD等通級指導教室の設置率が小学校で約5割、中学校で3割を超え、全国平均の2倍以上!また、障害のある方が職場での技能を競う全国大会「アビリンピック」では、市立総合支援学校の生徒が大活躍!など生き生きと学ばれ、企業などの支援も得て自ら進路開拓!
「まちづくりは人づくりから」「地域の子どもは地域で育てる」という先人たちの志を大切に、「教育・子育て環境日本一のまち・京都」の実現へ!関係者の皆さんと共々に努力してまいります。