門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.08.09
あかしやふれあいまちづくり協議会 和田紀子 会長、筒井昭佳 事務局長、宮崎茂 幹事がお越しに。顧問の青野 副議長もご一緒。地域コミュニティ活性化や福祉、安心安全など幅広くまちづくりにご献身。少子高齢化や市営住宅の老朽化などの課題を踏まえ、「新たな西三条地区のまちをつくる要望書」を頂戴しました。真摯に受け止め、共々に地域の魅力と賑わい溢れるまちづくりに全力を尽くしてまいります。

少子高齢化を地域の課題と捉え、2005年に「(NPO)あかしやふれあいネットワーク」が設立。名称は、朱雀第四小学校のシンボルである「アカシヤの木」に由来します。以来、高齢者の見守りや安否確認、ひとり親家庭のこどもの居場所づくりや「あかしやふれあいまつり」等の交流イベントの開催など、多彩な取り組みを展開。そしてこの度、こうした取り組みを学区全体のまちづくりへの発展させるため、「あかしやふれあいまちづくり協議会」が発足。高い志と実践に頭が下がります。心から敬意と感謝。
私共もしっかり地域の皆さんと連携して、より良い地域社会へ取り組みます。