門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.04.25
毎月恒例のラジオ2番組で市政情報トーク。αSTATION「C'sNAVIGATION MAYORTALKS☆KYOTO」(DJ川島郁子さん)、KBS京都「大作・英樹のだいすき☆京都」(羽川英樹さん、アシスタントは西上真帆さん)。FM京都は電話出演。  新型コロナウイルスによる厳しい状況が続く中、改めてGWの過ごし方・外出自粛、3密回避等をお願い。  また、補正予算により、PCR検査体制の拡充や京都市独自に中小企業等への助成制度を創設すること等についてお話ししました。

 京都市では、人との接触8割減を目指し、「京都市民行動指針」を発信。公共交通機関の利用8割減を目指し、毎日乗客数の状況をHPで発信。
 例年であれば、帰省や旅行、キャンプやバーベキューなどを満喫するGWですが、大切な人、とりわけ重症化のリスクの高い高齢者やお子達を守るため、今は我慢のとき。
 観光や帰省等で京都を訪れることをお考えの皆様も、今は、「ステイホーム」、京都にはお越しいただかず、収束後に安心してお越しください。
 また、昨日市会でコロナ対策の補正予算を御議決いただきました。
 ドライブスルー方式をはじめとしたPCR検査体制の拡充、京都市独自の中小企業等への助成制度(府の支援策と連携、休業要請の対象に限らず小売、飲食店など幅広い業種、厳しい経営環境でも前向きに事業、スキルアップ等に取り組む事業者に。上限30万、予算10億円)を創設。
 さらには文化芸術活動を映像配信等の新しい手法で取り組む活動に奨励金を出す制度を創設。
 また、第1回京都文学賞の結果について報告。最優秀賞 松下隆一さんの「もう森へは行かない」平安時代の京都、疫病が蔓延、死者が続出する中、悪事を繰り返していた1人あの、若者が空也上人と出会い生き方が、変わっていく物語。新潮社から出版決定。
 優秀賞 藤田芳康さんの「太秦―恋がたき」も河出書房新社から出版。
 また、京都市立京都御中一年生阪野媛理さんの「マスクの秘密」も感動!