門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.05.25
「近くて楽しい京都市動物園」(阪本英房園長)が5/18(月)から京都府民限定で開園。3密回避、マスク着用等の感染拡大防止策を徹底しています。

この土日も4,000人を超えるお客様。喜んでいただいています。感染拡大防止と適切な賑わい、学び・潤いの場づくりの両立を!
休園期間中も、動物たちのお世話はもちろん、SNSで動物たちの様子を発信したり、嵯峨美大等と連携して動物マスクを自宅で作るための動画を発信するなど、工夫を凝らした様々な取組。
4/15にはアカゲザルのイソコが42歳の誕生日を迎え、最高齢としてギネス認定されるという嬉しいニュースも!
117年の歴史を誇る京都市動物園。5年前に全面リニューアル。京大との連携で「生き物・学び・研究センター」を設置し田中センター長はじめ6人の博士学位を持つ職員はじめ、全てのスタッフと日々研究に勤しむなど研究教育に力を入れています。
今年2月には種の保存と動物福祉を柱とする「いのちかがやく京都市動物園構想2020」を策定。
市民の皆さんとともに成長する動物園。感染拡大防止を徹底して今後も発展し続けます。
来園者の皆さんにおかれては、「3密」を避ける、マスク着用等、「新しい生活スタイル」の実践をお願いします。