門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.07.07
(一社)京都府バス協会の皆さんがお越しに。バス業界の極めて厳しい状況を改めて拝聴。今後も乗合バス、貸切バス等公共交通事業者の雇用維持、事業の継続のため共々に全力で取り組みます。

この間のコロナ禍においても、市民生活、地域経済に不可欠な社会機能を維持するため、バスをはじめ公共交通を担う事業者の皆さんは、車両の換気、消毒等、感染防止策を徹底して懸命に運行を続けていただいてきました。しかし、外出自粛等により、バスをはじめ公共交通機関の利用者は大きく減少、各事業者の経営状況は極めて厳しく、今後も国際会議や観光客の動向も含めて事業継承さえ危ぶまれる状況に。
社会インフラ維持のため、バスを含めた公共交通は極めて重要。なんとしてもその機能を守らなければなりません。
京都市では、7月市会に提案している第4弾のコロナ対策補正予算において、民間路線バス、貸切バスをはじめ市バス・地下鉄、地域鉄道、タクシー等の感染拡大防止策、運行維持・確保への支援など地域公共交通への支援策を盛り込んでいます。引き続き、皆さんと共に、公共交通に携わる方々の雇用維持、事業の継続に全力を尽くしてまいります。お越しいただいた谷口守弘顧問(前委員長)、山田敏貴乗合委員長、阿辻泰雄貸切委員長、山田有希生氏、牧村善進氏、加畑正寿氏、川合宏和専務はじめ関係の皆さんに敬意と感謝。