門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.11.02
京都市防災訓練、最後に市役所の災害対策本部に戻り、本部運用訓練・講評。ウィズコロナのもとでの訓練。感染対策を取り入れ、新たな形での実施。ご協力いただいた全ての皆さんに感謝するとともに、見えてきた課題についてもしっかり対応し、災害対応に活かしてまいります。

毎年のように台風、豪雨等、大きな被害を生じさせる自然災害が発生し、また新型コロナの感染が続く中、感染対策の物資等を充実させるのはもちろんのこと、適切に運用するための実践的な訓練が必要です。そうした中で、市民ぐるみでこうした訓練を行うことは極めて重要。皆さんのご尽力に深謝。
本年4月に京都市は災害救助法に係る「災害救助実施市」の指定を受けており、従来 府県の権限・責任とされていた事項も担います。一層努力し、地域ぐるみで本市の防災力を強化してまいります。
これからも京都ならではの地域力、市民力を活かし、SDGs先進都市、そして、レジリエントシティ・京都として、誰一人取り残さない!安心安全なまちづくりに邁進する決意を新たに。