門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.11.02
大阪都構想に係る住民投票で反対多数となった結果を受け、報道各社から私の見解を求められました。

今回の結果は、大阪の皆さんが大阪のことを深く考えられた結果であると受け止めています。
京都では、これまでから西脇知事との確固たる府市協調のもと、二重行政の打破、住民サービスの向上、効率的・効果的な行政運営を進めてきたところであり、今は政策の融合を更に前に進めていく段階にあると認識しています。
これからも例えば、経済センターを核に、市・府、経済界や大学等との連携を一層深さらに大阪や神戸とも連携し、スタートアップ・エコシステムの構築はじめ、京都はもとより関西の発展に力をつくしてまいります。