門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.11.05
まちの安心安全・防火防災にご尽力!京都市危険物安全協会 貴志吉延会長が旭日双光章ご受賞のご報告に。小川輝明専務、明生化学工業(株)井下正人 総務部長もご一緒。

京都のものづくりや市民生活には、塗料やガソリン、医薬品、工業薬品などが不可欠。豊かな生活を営むうえで、なくてはならないもの。しかし、その取り扱いを誤り、一旦事故が発生した場合、甚大な被害を及ぼす恐れがあります。
貴志会長をはじめ関係者の皆さんが、各区で、全市で連携され、消防局ともしっかり連携いただき、災害の防止、安全確保へ、日々啓発等で企業の枠を超えてご尽力いただいてます。
貴志会長は昭和54年に同協会の役員に就任、平成22年に会長に就任され、役員として41年の永きにわたり協会の発展にご尽力。この度の秋の叙勲、旭日双光章のご受賞、まことにおめでとうございます。
これからも貴志会長はじめ皆さんと手を携え、安心安全のまちづくりに全力を尽くしてまいります。