門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.11.22
京都の歴史・文化、自然、地域力の象徴!船岡山の魅力向上!創立45周年を迎える京都紫野ロータリークラブの皆さんから、山頂公園に眺望案内板のご寄付、また、東屋を改修いただきました。式典で橋本楯夫先生の「船岡山の光と影」のご講演、市立紫野高校吹奏楽部の素敵な演奏!など盛大に!深謝。

京都市北部のランドマークであり、京都のはじまりの場所とも言われる船岡山(桓武天皇は船岡山から山城盆地を見渡し、遷都を決意したと伝わります。)。ご寄付いただいた眺望案内板により、その歴史、自然、景観の素晴らしさを多くの皆さんに堪能いただけます。また地域の皆さんが大切にされてきた憩いの場、東屋も見違えるように綺麗に!船岡山の魅力がますます高まります!
地域社会のため「奉仕と親睦の実践はまず参加から」を合言葉に精力的にご活動の京都紫野ロータリークラブ 伴戸会長、田畑45周年特別理事、また日頃から西陣地域の活性化や船岡山の魅力創出・発信にご尽力の紫野学区社協 石崎会長、楽只学区 後藤会長はじめ、皆さんに心から敬意と感謝。
これからも共々に持続可能なまちづくりに邁進します。