門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.11.22
有職御人形司 十二世 伊藤久重さんの宮中の雅 展覧会。あどけない稚児のふくよかな姿、愛らしく、また凛とした表情を見せる気品ある姿、さらにオリンピックに因んだハツラツとした姿も!伊藤久重様のご説明も拝聴し改めて深く感銘!深謝(@虎屋京都ギャラリー、11/23まで)。

江戸時代中期享保年間から続く、御所人形制作を家業とする伊東家。古くより宮廷や公家、門跡寺院といった高貴な人々の間で愛された御所人形。人形の中でも最も格式高く、最上のものとされています。京都・日本の宝!です。