門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.12.08
地域に根差しお一人お一人を大切に!福祉、子育て支援、災害対応など幅広くまちづくりにご貢献!京都市社会福祉協議会の小石玖三主会長、村井信夫 顧問、竹下義樹会長代行、各副会長はじめリーダーの皆さんと更なる福祉の向上、安全安心、来年度予算への要望など協議・懇談。高い志でご活躍の皆さんに心から敬意と感謝

地域に根差した幅広い福祉を、学区、行政区、そして全市の三層の社会福祉協議会「市社協」がしっかり連携し、住民主体の福祉サービスや支援体制の構築で地域の絆づくりにご貢献。この間、市社協等と連携を深め、例えば京都市の高齢者福祉施設数(特別養護老人ホーム、デーサービスセンター等)はこの 12年間で2.1倍に!(2008年 324施設から2020年11月現在676施設!)
コロナ禍においても、緊急小口資金・総合支援資金特例貸付及び住居確保給付金の相談窓口の運営等、「誰ひとり取り残さない」お取組に多大なご尽力!頭が下がります。
相次ぐ災害においても、一人暮らしのお年寄りの安全確認や避難所対応などにご献身。市社協からの職員派遣や京都市災害ボランティアセンターとして被災地へのボランティア派遣なども。
今後ともしっかりと連携し、ご年配の方、障害のある方、子育てなど地域に根差した福祉の充実のため全力を尽くし、SDGs、持続可能な社会の実現に向け、共々に努力してまいります。