門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.12.20
コロナ禍のもと感染防止に配慮されながら日々鍛錬!「西日本空手道選手権大会」開会式。皆さんの凛とした姿勢と静かな気迫に感銘。コロナに打ち克つ身体と、豊かな人間力で社会に貢献!日本の精神文化の拠点都市・京都でのご開催、心強いです。国際空手道連盟極真会館 川畑幸一 関西本部長、浜田和己 師範代はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。

世界中に道場をご展開、様々なご活動。「頭は低く、目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益する」という極真の理念を礎に、お子さんからベテラン、指導者の方まで多くの方々が、日々厳しい稽古に励まれます。コロナ禍による一時休館や、夏の極真祭の中止等、様々な困難を乗り越え、感染防止を徹底して今回の大会をご開催。
礼節を重んじられ、厳かな雰囲気の中にも、ようやく訪れた日々の稽古の成果を出す場に、出場者の皆さんの気合がひしひしと!大秦選手の選手宣誓も力強く!改めて武道、空手の素晴らしさを実感。
東京オリパラやワールドマスターズでも空手は正式種目に。引き続き共々に、日本の精神文化の拠点都市・京都から、武道はじめスポーツの振興に努め、持続可能なまちづくりを進めてまいります。