門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.02.08
命と暮らしを守る!史上類をみない国家的事業・ワクチン接種に向け連日連夜、新設したワクチン担当部署を中心に、職員が国や府との調整、医師会・医療機関等との調整、集団接種会場の確保等に奮闘しています。 課題も山積、国からの情報も段階的であり全てが見通せない中、あらゆる事態も想定して今できることに全力投球!市民の皆さんに安心して接種していただけるよう、引き続き全庁挙げて取り組みます。

京都市では、146万市民の安全安心な接種に向け、まずは4月から6月に65歳以上の高齢者40万人に2回の優先接種(3週間の間隔を空け2回の接種)を行うべく、ご協力いただく医師会・医療機会との調整、接種券の印刷やコールセンターの設置、地域の医療機関のご協力による個別接種と集団接種会場(最大20箇所)の確保、高齢者福祉施設での接種体制構築等に全力を尽くしています。
引き続き国や医療関係者の皆さん、府とも緊密に連携し、市民の皆さんに安心して接種していただけるよう、総力挙げて取り組んでまいります。