門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.02.08
コロナ禍のもとSDGsの実践へ。子どもや若者を社会の宝として育む「京都はぐくみ憲章」実践推進表彰式。出席者を限定、時間を大幅短縮し感染防止策を徹底して開催。地域で子ども・若者のため志高くご活躍されている27団体・個人を表彰。憲章の制定から14年。実践の輪の広がり・深化を実感!心強い限り。推進協議会 大澤彰久部会長はじめ献身的にご尽力いただいている皆さんに深謝。

多くの市民の方々と議論し制定した「子どもを共に育む市民憲章」
その一層の普及、実践のため、モデルとなる活動やユニークな活動に取り組む皆さんを表彰。大賞は「京都女子大学 親子支援ひろば ぴっぱらん」「(社福)京都保育センターたかつかさ児童館」「山科タンタンおもちゃライブラリー」の3団体!「はぐくみアクション賞」は24団体の皆さんに贈呈!
大学生が主体となった遊びの提供、中高生の居場所づくり、障害の有無に関わりなく過ごす野外活動など地域ぐるみで多彩なお取り組み。誰ひとり取り残さないSDGsの実践に感激。お一人お一人が当事者として共に高め合い、さらに広がる実践の輪。心強い限り。「子育て・教育環境日本一」の京都へ、共々に頑張ります。