門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.02.25
2月市会本会議 代表質疑2日目。多岐にわたるご質問にひとつひとつ真摯に答弁。改めてコロナ禍から命と健康、暮らしを守り抜く!持続可能な財政の確立、魅力溢れる京都を次世代へ繋ぐためこの 覚悟を決めて改革へ決意。

各会派を代表して、公明 大道義知議員、曽我修議員、𠮷田孝雄議員、民フ 中野洋一議員、片桐直哉議員、京都 大津裕太議員、森かれん議員、維新 こうち大輔議員、菅谷浩平議員の9名が代表質疑。
コロナ禍と財政危機、2つの危機を乗り越え魅力溢れる京都の未来へ!そのための徹底した行財政改革、財政運営への決意、市民の命と暮らしを守る!ワクチン接種に向けた取組はじめ、感染拡大防止、経済対策、厳しい市バス・地下鉄、またコロナ禍でも大切な文化芸術、スポーツ等々。そして2050CO2ゼロへ!地球温暖化対策、SDGs未来都市、デジタル化、向島ニュータウン活性化、Society5.0の実現、オフィス空間創出、学校でのICT活用、持続可能な農林業、地域コミュニティなど、どれも大切なご質問。副市長、関係理事者と共に真摯にお答えしました。深謝。