門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.03.27
敬愛する京都大学 酒井伸一教授の最終講義!環境問題に真正面から取り組まれ、京都市廃棄物減量等推進審議会会長や京都市循環型社会推進計画の部会長はじめ、「環境先進都市・京都」の推進に多大なご貢献!心から敬意と感謝。益々の御活躍を祈念すると共に、引き続き京都のため、また世界の課題解決へ、ご尽力賜るようお願いしました。

京大・大学院に学ばれ、助教授等を経て2001年から国立環境研究所循環型社会形成推進・廃棄物研究センター長、2005年から京都大学環境保全センター教授に。
国の中央環境審議会循環型社会部会長を務められるなど全国的にご活躍。この20年、京都市のごみ減量はじめ環境問題の解決へ、昨年答申いただいた廃棄物減量等推進審議会はじめ、各種審議会等の会長等として多大なご貢献。祇園祭1150年「こんちきジーズ」、「超SDGsシンポ」、「着物復活企画「Kistory」」など、浅利先生らと共に気候変動対策やSDGsにつながる創造的なお取り組みも多彩に!
京都市では、酒井先生の御指導、また市民、事業者、大学、地域団体等、多くの方々のご尽力で、ごみ量は昨年41万トン、ピーク時から半減!リデュース(発生抑制)、リユース(再使用)の2R。プラごみ、食品ロスの削減!国連のSDGsや2050年CO2ゼロなど先進的な取組を推進しています。
これからも持続可能な循環型社会の実現へ全力投球!引き続きの御指導をよろしくお願いします。深謝。