門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.04.08
「文化のハブ」として様々な社会的課題の解決、世界平和にも貢献!京都国立博物館 松本伸之 館長が就任のご挨拶に。阿部勝 総務課長、飛田清隆 専門員もご一緒。

一昨年9月のICOM京都大会、参加者は目標の1.5倍超の4600人!博物館が「文化のハブ」として世界平和に貢献、さらに社会的課題の解決、SDGsの実現に果たす役割を確認!
世界中の博物館がコロナ禍により来館者の減少など厳しい状況ですが、SDGs、持続可能な社会の実現に向け、共々に力を尽くします。


今月の記事

アーカイブ