門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.05.13
障害者支援施設等でのクラスター発生を防ぐ!東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合(TOBIRA)、足立病院と「抗原検査を用いた継続的な頻回検査によるクラスター抑制等を目的とした実証研究の共同推進に関する協定」を締結。また、協定にあわせ、足立病院から抗原検査キット2,000個のご寄付!TOBIRA芝崎太 理事長、足立病院畑山博 理事長、沢田守男 院長はじめ皆さんに敬意と感謝。

全国に先駆け簡易で安価、精度の高い抗原検査キットの開発を進められているTOBIRAさん。足立病院ではこれまでからTOBIRAさんの抗原検査キットをクラスター発生防止に活用。足立病院の仲介によりこの度の協定に!
今回の協定では、市内の障害者支援施設等の職員等に対し、抗原検査キットを用いた継続的な頻回自己検査を実施。また、在宅重度障害者の訪問介護・ヘルパーに従事するスタッフ等へ検査を実施し、クラスター発生の抑制を図ります。
障害者支援施設等でのクラスター発生を防ぎ、入所者、職員の安全を守る!引き続き障害のある方はじめ市民の皆さんの命と健康、暮らしを守るため、感染拡大防止に全力を尽くしてまいります。