門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.06.25
歴史都市会議・総会、コロナ禍を超えて素晴らしい成果をあげ「カザン宣言」を採択!この間 ご同席の京都市会の田中明秀議長がご挨拶。新規加盟都市の紹介、次回開催都市 安東市(韓国)の挨拶。最後に私が会長として成果を確認し、未来へ繋ぐ閉会のご挨拶をしました。

オンラインとのハイブリッド開催という新しい形の第17回世界歴史都市会議が閉幕。新規加盟都市開催都市、カザンの皆さんに改めて深謝。
身近な伝統文化や言語、歴史をはじめとする貴重な遺産を次世代に受けつぎ、SDGsの達成を謳った「カザン宣言」。少数民族の尊重、地域文化の継承は、誰ひとり取り残さない社会を目指すうえで非常に重要。
コロナ禍でも加盟都市が集い、知恵と力を合わせて諸課題に立ち向かうことは、誰もが心豊かに暮らせる社会の創造、ひいては世界平和の実現に繋がると確信。
次回は2022年韓国の安東市で開催!コロナ禍を乗り越え、直接加盟都市の皆さんにお会いできることを心から祈念。
引き続き世界歴史都市連盟の強固なネットワークで、SDGsの達成に全力を尽くしてまいります。