門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.09.28
新型コロナ本部会議。9/30をもって緊急事態宣言解除が決定。市民・事業者の皆さんの感染防止へのご尽力、医療関係者はじめご献身の皆さんに心から深謝。これからの最大の課題は第6波に備えること。本市としてワクチン接種の推進、いのちを守る体制の強化に全力で取り組みます。また、厳しい市民生活、京都経済の下支えに努力します。市民・事業者の皆様には基本的な感染防止策の徹底と、飲食店の皆様には時短営業へのご協力をお願いします。

市内700を超える地域の医療機関のご協力と、本市集団接種体制を抜本的に強化してワクチン接種を推進。申込みについて、希望される方御自身が直接接種日時や場所を選ぶことができるWEBシステムでの予約方法に改善。接種枠に充分余裕があるので是非とも積極的に接種いただくようお願いします。
また、急激な感染拡大の予兆を捉え、保健所体制の強化を含めた臨機応変な全庁体制を早期に確立することが重要。積極的疫学調査、PCR検査の徹底により、クラスターを発生させないよう取り組みます。「在宅療養」については、医師会や薬剤師会と連携した「電話診療所」の開設運営や、民間の訪問介護ステーション等と連携した健康観察や指導など、本市独自に強化した体制の更なる拡充に向け取り組んでまいります。
京都経済の下支えと回復に向けては、現在、「中小企業再起支援に伴う応援金」、商店街等が実施する消費喚起策や伝統産業の販路拡大支援、感染対策の徹底と「京都観光モラル」を遵守いただいた観光の充実、MICEの安心・安全への支援など、市会において補正予算をご審議。感染防止策と速やかな社会経済活動の回復、そして必要な方に必要な支援を行えるよう、伴奏型の支援を展開してまいります。
市民の皆様におかれては、基本的な感染防止策の徹底をお願いします。特に若い皆さんには、ワクチンに対する正しい理解を持ち、ワクチンを接種していただきたい。また、既に自分は感染者かもしれないという意識の下での行動をお願いします。
引き続き、国、京都府、京都府医師会、私立病院協会、経済団体、大学等と連携し、感染防止策の徹底と社会経済活動の一日も早い回復に向け、全力を傾注してまいりますので、引き続き皆様の御理解、御協力をよろしくお願いします。
<京都府における感染リスクを低減するための取組(主なもの。10/1~10/21)>
・家族や普段行動をともにしている人と少人数で行動し、混雑する場所や時間を避ける。
・コロナ対策認証制度認証店の飲食店等は~21時、酒類提供は~20時30分(左記以外は~20時、酒類提供は~19時30分)
・イベント等の開催は5、000人又は収容定員50%以内(10、000人以内)のいずれか大きい方、収容率は大声なし100%以内、大声あり50%以内、~21時(~10/31)
・イベント関連施設、商業施設等は~21時
<京都市の取組>
・本市所管施設は~21時
・市バス・地下鉄の終発繰上げ解除
(引き続き継続)市バス:深夜バスの運休、急行系統及び京都岡崎ループの運休 地下鉄:深夜便「コトキン・ライナー」の運休
・感染症対策徹底のうえ、グループワーク、部活動、修学旅行等校外活動の実施
・図書館は19時まで。座席数半数以下のうえ、閲覧席の利用再開