門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.10.04
感染防止対策を徹底され「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」が10/17(日)まで市内各所で開催中!今年で9年!世界から注目され我が国を代表する写真展に!二条城会場を拝見。東日本大震災、福島原発事故、さらにはコロナ禍を深く見つめた表現作品。被災地の悲しみ、苦悩、そして懸命なご努力が胸にささります。そしてコロナ禍、このパンデミックから何を学び、どう未来を描くかを考えさせられました。仲西佑介さん、ルシール・レイボーズさんはじめご尽力の皆さんに心から敬意と感謝。

京都ならではの建築空間に展示される写真とアートの祭典KYOTOGRAPHIE。私も9年前の第一回からの長いご縁。素晴らしい歩み・発展に敬意と感謝。今年のテーマは「ECHO(呼応)」。コロナ禍は収まらず、東日本大震災から10年となる今、過去から何を学び、どんな未来を開くのか、アーティストの皆さんが独自の視点で 表現されています。
市内各地で10/17(日)まで開催!ぜひご覧ください。
「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」