門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.10.20
改めて哀惜の念が募ります。昨年亡くなられた、京都商工会議所元会頭・故立石義雄様のお別れ会に参列させていただき、偉大な御功績とご指導に感謝申し上げました。

京都商工会議所会頭として、2007年から13年間、京都経済を力強く牽引。文化庁の京都への移転実現へもご献身 。京都創生推進フォーラム代表、おおきに財団の理事長を務められるなど、京都の文化をこよなく愛し、文化の振興・発展に多大なご尽力。
信条は「人の幸せをわが喜びとする」。素晴らしい人格者であり、先を見通すご慧眼、スケールの大きいご発言。その優しさ、包容力にいつも感銘を受けていました。
また、立石商工会議所会頭の発想と強いご要請により、京都市から経済センター創設の候補の市有地を複数提案。四条室町の産業会館・市営駐車場等の場所に建設構想が固まり、立石会頭を先頭にオール京都の尽力で一昨年、「京都経済百年の計」京都経済センターが開館。また、「京都知恵産業創造の森」理事長として、「知恵産業のまち・京都」スタートアップエコシステムの醸成などを強力に推進いただき、知恵を付加価値の源泉にした産業へ。今、京都から新たな創造的イノベーションが加速しています。
私の初めての選挙から幅広い市民団体・経済団体等の先頭に立って頂き一貫して力強いご支援、ご指導を賜りました。
市民の皆さんと共にコロナ禍を必ず乗り越え、立石様がこよなく愛された京都の未来のために全身全霊で尽くすことを心からお誓い致しました。