門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.11.21
「観て」「聴いて」「触れて」関西各地の文化の魅力を感じよう!いよいよ来年度文化庁が京都に全面移転!「関西地域文化フェア」シンポジウム@歴彩館。文化庁からは都倉俊一長官がご出席。主催者として西脇知事、塚本商工会議所会頭と共にご挨拶。

いよいよ来年度に迫る京都への文化庁の全面移転は、全国各地の多様な文化に光を当て、東京一極集中の是正と文化による地方創生を目指すもの。政府機関の全面的移転は明治維新 以後はじめての政府のご英断。移転に向け、オール京都・オール関西で機運醸成に取り組んでいます。
「関西地域文化フェア」は機運醸成の一環で開催。関西各地の伝統文化の披露、いけばな等の体験、京都・関西にゆかりのあるパネリストの皆さんによる講演(漫才コンビ「ロザン」宇治原史規さん、京阪ホールディングス 加藤好文CEO、料理研究家 杉本節子さん)など盛り沢山の内容!
引き続き、オール京都・オール関西で、文化庁とも更に連携し、「文化庁が京都に移転してよかった」と思っていただけるよう全力を尽くしてまいります。