門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.04.02
部落差別をはじめ あらゆる差別の撤廃、自由・平等と平和で真に豊かな社会へ!京都府水平社創立100周年記念集会。感染防止対策を徹底してのご開催。部落解放同盟京都府連 西島藤彦委員長はじめご尽力の皆さんに敬意。

大正11(1922)年3月3日に、ここ京都・岡崎の地で全国水平社が誕生。その一箇月後の4月2日に京都府水平社がいち早く創立。
3月3日開催の全国水平社100周年記念集会に続き、京都府水平社100周年記念集会にも参加させて頂きご挨拶。
あまねく人権が尊重される社会を目指し、1世紀にわたり筆舌に尽し難い努力を重ねられ様々な課題を 連帯して乗り越えられてきた先人たちの歩み、そして皆さんの高いお志と行動は、SDGsの「誰一人取り残さない」という理念に先駆けるものであり、皆さんの尊いお取り組みは世界文化自由都市・京都の誇りです。
京都府水平社創立100周年記念集会では、部落差別をはじめあらゆる差別の解消、人権・平和、民主主義、環境の確立を求める共同の営みを進めていく決意を新たに。
今もなおウクライナが戦禍に見舞われていますが、戦争は言うまでもなく最大の人権侵害であり ウクライナからのロシア軍の早期撤退と一刻も早く平和の回復、ウクライナへ、姉妹都市キーフ(キエフ)への募金も。
創立100周年という大きな節目を契機に、共々に多様性を認め合い、包摂し合う「誰一人取り残さない」共生社会の実現に向け、市民ぐるみでSDGsの達成に貢献する取組を力強く推進する決意を新たに。


今月の記事

アーカイブ