門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.10.04
(公社)京都青年会議所の長谷川淳二 副理事長、北稜高校2年生 平井結登さんらがお越しに。若者の政治参加意識や投票率向上のため、高校生と共に「もしわたしが市長だったら?」をテーマとした模擬市長選挙等の取り組みを実施され、そのご報告と意見交換。平井さんが市長候補として掲げられたスローガンや公約に感銘!若い方々の多様な価値観、感性、そして志の高さを改めて実感。皆さんに敬意と感謝。

松永卓也 理事、ひとづくり委員会 村井祥宏 委員長、中山寛正 副委員長、片岡卓也 総括幹事、関雄介 運営監事もご一緒。
京都青年会議所さんは「修練・奉仕・友情」を信条とされ、文化の継承、子育て支援、環境問題、青少年の健全育成はじめ様々な社会課題解決に向け、地域に根差し、そして世界を視野に多彩な貢献活動をご展開。SDGsの取組にもご尽力。心強いです。
民主主義社会を維持するためにも若者の政治参加、市政参加は極めて重要。これからも京都の魅力溢れるまちづくりはじめ市政参加の推進を共々に!そして幅広い社会課題に挑戦し、誰一人取り残さないSDGsの実現へ!引き続き、全力投球することを誓い合いました。


今月の記事

アーカイブ