門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.07.29
日仏の文化芸術の融合!「ヴィラ九条山」でレセプションパーティー。新駐日フランス大使、ローラン・ピック氏、次期ユネスコ事務局長候補、オードレー・アズレー元仏文化大臣らと共に。

平成元年に、京都市にオープンしたフランス政府のアーティスト・イン・レジデンス施設「ヴィラ九条山」。3年前のリニューアルを機に、日本人クリエーターも活躍。写真家の小野規氏らが滞在。ジュリアン・ギナン氏らフランス人芸術家と日本の感性との融合による新たな創造拠点となり世界から注目!。
本日は、新たにご就任のピック大使、アズレー次期ユネスコ事務局長候補者、シャルロット・フーシェ・イシイ館長、ボネル総領事をはじめとする皆さんらと、植村京都市副市長(元外務省パリ大使館一等書記官)や京都な芸術界のリーダーも参加され小人数での懇談会。
来年は、パリとの友情盟約60周年、日仏国交160周年。更に、京都議定書からパリ協定へ!環境の取り組みも。これからも「ヴィラ九条山」を拠点に、京都・日本とフランスとの交流を深め、文化の振興と世界の平和へ貢献していくことを誓い合いました。