門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.09.18
持続可能な国際文化観光都市「京都」を目指して!京都市観光協会DMO発足記念シンポジウム。観光庁高科淳審議官にも出席いただき、盛大に!柏原康夫 会長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。まずは二条城特別顧問、京都国際観光大使もお務めのデービッド・アトキンソンさんの記念講演をお聞きし、京都・日本文化への深い愛があるからこその厳しいご指摘に、いつもながら感服。続いて、若林靖永 京大教授をモデレーターに、松坂浩史 文化庁地域文化創生本部事務局長、矢ヶ崎紀子 東洋大教授、北原茂樹 (一社)日本旅館協会会長によるシンポジウムに、私も参加。持続可能で満足度の高い観光、観光と市民生活の調和、文化と観光の融合、デジタルデータの活用、担い手育成など、多岐にわたる活発な議論!今後の観光政策にしっかり活かします。

DMOとは、Destination Management/Marketing Organizationの略。「観光地経営」の視点で観光地域づくりの舵取り役を果たす組織。京都市観光協会は昨年11月、観光庁が157の候補法人から選定した41法人の1つとして、「日本版DMO」に登録。「京都市版 DMO」 として行政と一体的に観光振興に取り組み、日本版DMOのロールモデルとなり、世界の観光をリードするエキスパート集団へ!共々に努力を重ねています。
引き続き、皆さんと共々に、観光と市民生活の調和を第一に、住む人も訪れる人も、全ての人が満足できるまちづくりに全力を尽くします。