門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.04.06
新型コロナウイルス感染症に関して、緊急に在田教育長らと記者会見。4月10から市立学校・幼稚園を一斉臨時休校に。京都市でのこの数日の感染拡大状況が、危機的です。これを踏まえ決定。 ご家庭の状況を踏まえ、小学校での「特例預かり」の実施。各学校・幼稚園で週に1~2日、2時間程度の登校日を設け、健康観察、家庭での生活・学習状況の確認、指導を行います。

 全国的に感染者が大幅に増加、京都市でも3/30(月)~4/5(日)の新規感染者が44人となり、前の週の17人の2.6倍になるとともに、とりわけ、この4/4(土)~4/5(日)の感染者13名のうち11名が現段階で経路不明である等、市域の状況に大きな変化が生じ、危機的な状況です。
 こうした状況を鑑み、年度当初が、学校・幼稚園と、児童生徒やご家庭・保護者との関係・繋がりをつくるとともに、児童生徒等にとっても、新しい環境の下で学校生活に臨む極めて大事な時期であることを踏まえ、各校園で新しい担任や友だちとの関係を築くことができるよう、入学式や始業式、学級活動をしっかりと行い、さらに、休校期間中の学習面や生活面での児童生徒等と各家庭への指導を適切に実施する機会を設けたうえで、4/10(金)~5/6(水)の期間、一斉休業を実施いたします。

(1)休校期間
 始業式、入学式、新担任との顔合わせ、生活指導、オリエンテーション等を済ませた後の4/10(金)から休校期間に入ります。期間は、当面、5/6(水)までとします。
ア 4/6(月)~4/9(木)は、年度当初が学校園と、児童生徒、家庭・保護者にとって極めて重要な時期であることを踏まえ、感染症拡大防止対策を一層徹底したうえで、入学式や始業式、学級活動を実施し、学校園と児童生徒等や家庭・保護者との関係性を築けるよう取り組みます。
イ 学級活動については、午前中を基本とした短時間での実施とし、各学級で、休校中の学習面、生活面での指導を丁寧に行います。
ウ また、児童生徒等だけでなく、各家庭に対しても、御家族の体調・健康管理の徹底、保健衛生意識の一層の向上について強くお願いします。
エ 9日(木)までの期間も、①密閉,②密集,③密接の「3密条件」が同時に重なる場を徹底的に避け、更なる感染防止対策の徹底に取り組みます。
オ また,この9日(木)までの間、御家庭の判断で欠席される場合も、「欠席扱い」とはいたしません。また、欠席の御家庭には,指導内容に関するプリント等をお届けします。
カ なお、全国的な状況や本市域の状況も踏まえ,休校期間を変更する場合があります。

(2)休校期間中の対応
ア 登校・園日
各校種や学校規模に応じて、週に1~2日・2時間程度の登校・園日を設け、児童生徒等の健康観察や各家庭での生活・学習状況の確認を行うとともに、新たな学習課題の提示も行います。
イ 小学校での「特例預かり」
令和2年3月5日からの臨時休業で実施した、保護者等の就労状況や学童保育所等の受入状況などを踏まえ、自宅において過ごすことが難しいといった状況等がある場合で、やむを得ず、学校での受入れを希望される場合の小学校での「特例預かり」を、同様に実施します(給食は実施しません。)。
ウ 総合支援学校での「特例預かり」
令和2年3月5日からの臨時休業で実施した、児童生徒が、自宅において一人で過ごすことが困難であり、また、放課後等デイサービスなどの確保ができない場合など、特別の事情がある場合の、地域制4校の総合支援学校での「特例預かり」を実施します(スクールバスは運行しますが、今回は給食は実施しません)。
エ 幼稚園での「保育を必要とする園児の受入れ」
保育を要する園児(新2号認定者)については,可能な限り家庭保育の協力を依頼したうえで,保育の必要な園児の受入れを実施します。
オ 部活動
全校種とも中止します。
なお、学童クラブ等についても、今回の市立学校園の一斉休業を踏まえて適切に対応してまいります。

 入学式については、「3密条件」が同時に重なる環境を回避することを徹底し、来賓・保護者・在校生の出席者を限定したり、次第を見直し短縮化したりして実施します。また始業式についても、校内放送で行うなど、感染拡大防止に十分留意したうえで実施します。

 感染拡大を防止するためには家庭内での健康管理、感染防止策の徹底が何より大切ですので、皆さんのご協力をお願いいたします。

 市民の皆さんのいのちと健康を守るため、4/2に西脇知事との合同会見で申し上げた通り、あらためて、人混みの予想される場所への不要不急の外出や会合到着を、徹底して自粛いただきますようお願いいたします。
この危機的状況を乗り越えるため、重ねてご協力をお願いいたします。