門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.04.08
大阪等の緊急事態宣言を受け、京都市も緊急事態宣言地域と同様の危機感を持って新たな対応方針を決定。「外出の自粛」などを市民の皆さんに要請。医療体制の強化等を決定。京都への観光客の自粛も依頼。京都市対策本部会議。

 感染拡大が深刻な東京圏、大阪・兵庫等に緊急事態宣言が4/7に発出。大阪府と近接する京都市内においても、4/7時点で92名の感染者が確認され、感染経路が把握できない事例の増加やクラスターの発生など、このままでは、爆発的に患者が増加するオーバーシュート、医療崩壊につながりかねない危機的な状況です。市民の皆様のいのちと健康、くらしを守るため、国、府、医療機関等と一層連携し、緊急事態宣言を発出された区域と同様の危機感を持ち、不要不急の外出・往来自粛の要請、市立学校・園の臨時休業、本市所管施設の閉館・利用停止等、対象区域と同等の対応を行います。また、PCR検査についても、民間検査機関との連携も含め検査体制の拡充を図ります。引き続き、感染拡大の防止に全力で取り組んでまいりますので、ご協力をお願いいたします。

 国の専門家会議の提言等を踏まえ、当面、次のとおり新型コロナウイルス感染症対策を実施してまいります。(方針の詳細について、別途、続けて投稿します)
1 医療保健体制の強化
(1)医療保健体制の強化
(2)医療資器材の確保
2 市民の皆様に対する要請
(1)不要不急の外出・往来自粛の要請
(2)物資・物流に関する要請
3 事業者の皆様に対する要請
4 大学等及び学生の皆様に対する要請
5 市立学校・園の臨時休業(休校)
(1)休校措置の実施
(2)学童クラブ事業の対応
6 本市主催イベント及び本市所管施設の閉館・利用停止等
7 本市所管施設の利用キャンセルへの対応
8 乳幼児健康診査をはじめとした 集団検診の休止
(1)乳幼児健康診査 における集団検診の 休止 ・個別対応
(2)その他の集団検診の休止
9 企業活動等に対する支援企業活動等に対する支援
(1)中小企業向け相談窓口
(2)融資制度や補助金による企業支援
(3)ホームページ等による融資制度や補助金等の情報発信の強化
(4)セーフティネット保証認定窓口の受付体制の更なる強化
10 風評被害への対応、人権への配慮
11 京都を愛する方・観光客の皆様へのお願い

 加えて、私から、職員に4点の指示。
1 緊急事態宣言を踏まえた今後の対応方針を徹底
2 感染拡大の防止へ、積極的疫学調査の徹底。PCR検査の、民間検査機関の活用も含めた体制強化
3 国の緊急経済対策の活用
4 職員が感染、濃厚接触者となった場合等の業務継続体制の確保

 市民、事業者の皆さんに、
・ご自身はもとより、家族や大切な人を守るため、無症状でも感染している可能性を認識し、慎重な行動を取っていただくこと
・事業者の皆さんは、従業員の体調管理、テレワークや時差出勤など感染防止策の徹底
・大学への登校する授業開始の延期、学生の慎重な行動
・感染された方や医療機関、大学等への誹謗中傷等がSNSで広がっていることを踏まえ、正しい情報に基づく冷静な行動、支え合い、助け合う心の大切さ
・京都を愛する方々、観光客の皆さんに今は自粛要請に従い、収束後に安心して京都に来ていただきたいこと等
を、改めてお願いしました。

 かつて疫病に打ち克ち、千年を超えて人々の営みが続いてきた京都。京都ならではの市民力、地域力を活かし、市民の皆様と共々に、この難局を乗り切るために全力を尽くしてまいります。
※ 次の投稿に続きます。