門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.05.22
KBS京都の経済情報番組「京bizX」の「ジャーナルX」に出演。緊急事態宣言解除後の対応等について、竹内弘一さん、山田啓二さんとお話しました。

緊急事態宣言の解除を受け、この間の市民、事業者、医療関係者などご尽力の皆さんに感謝を申し上げるとともに、昨日の対策本部会議の内容等をご報告。
・市立学校の再開スケジュール(6/1に再開。それまでは準備期間。再開後もウォーミングアップ期間を設定)
・中小企業等支援補助金の状況(1万件超の申請。全額交付できるよう10億円の予算を25億円に追加補正の予定)
・文化芸術活動緊急奨励金の状況(千件超の申請。1億円の予算を3億円に追加補正の予定)
・特別定額給付金の状況(15~20日までのオンライン申請が17,000件。100名を超える応援職員も含めて体制を構築し、早期に市民の皆さんにお届けできるよう全庁挙げて取り組む)
また、QRコードを利用した「あんしん追跡サービス」「ウォークインPCR検査」システムの導入でPCR検査体制の更なる充実。また、収束後の京都の未来像等についてお話しました。

これからは第2波、第3波に備え、感染拡大防止を徹底しつつ、段階的に社会経済活動を再開する最も大事なときです。市民、事業者の皆さんには、3密回避等「新しい生活スタイル」の徹底をお願いします。
京都市も、市民、事業者の皆さんと心一つに、共に闘い、支援策や相談体制の一層の充実へ、全力を尽くします。

KBS京都さんは休校中の家庭学習を支援する特別教育番組「がんばれ!京都の子どもたち」を放送。月刊「Wedge」にも大きく取り上げられました。感謝。