門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.05.23
市バス・地下鉄では、感染拡大防止に細心の注意を払い、職員が今日も市民の足を支えるために献身。朝市バス九条営業所、地下鉄京都駅を訪問、使命感の高さに感謝!。

緊急事態宣言のもとで、交通局も感染拡大防止対策の先頭に。消毒、職員の検温はじめ健康管理、車両の換気等はもとよりこの間、市民の皆さんと共に外出自粛の徹底「お客様乗車率8割減!」の目標共有して、毎日お客様の「減少率」を公表。
また、時には夜を徹した消毒作業も。献身的な職員の働きに心から感謝。
緊急事態宣言の解除を受け、運休・減便していた市バス・地下鉄も来週以降(5/25~)、順次再開いたします。利用者の皆様には、マスク着用、間隔をあけたご利用、こまめな手洗い等、市バスターミナルや地下鉄全駅、市バス・地下鉄の車両内へのポスター掲出や啓発アナウンス等、あらゆる手法を使い、感染拡大防止の協力を呼び掛けてまいります。
市民の皆さんの命と暮らしを守るため、引き続き感染拡大防止に万全を期すとともに、「全てはお客様のために!」をスローガンに、市民の足としての使命を尽くせるよう全力で取り組みます。