門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.07.24
祇園祭後祭。御旅所で参拝。木村山鉾連合会理事長はじめ関係者、後祭各山鉾保存会代表、八坂神社神職の皆さんとともに、疫病退散、コロナ禍の収まり等を心をこめて祈願。動く美術館とも称される豪華観覧な山鉾巡行は三密回避、感染拡大防止のため自粛、しかし熱い思いが伝わります。敬意と感謝。

後祭山鉾保存会の各代表者1名が榊を持ち、昨年度の巡行順に列を整え、三条通、寺町通を行進。
御旅所において、思いを込めて拝礼。
コロナ禍のもと感染拡大防止へあらゆる配慮。祇園祭の起源、本来の趣旨に則り、こうした行事が厳粛に執り行われるのは尊く、心強いです。
先人が祈り、行動され、築いてこられた今日の京都。歴史に学び、皆さんと共々に未来を展望し、コロナ禍を乗り越え、新たなまちづくりに挑戦していくことを改めて決意。