門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.11.10
京都の宝!京の食文化の魅力を世界に、同時に地域の方々に発信!「第115回京料理展示大会」が12/13(日)~14(月)に。今年は初のオンラインで開催。500人の料理人・匠の多彩料理をご覧いただき、そして京都にお越しください。寺田紳一京都料理組合長がお越しいただき、メッセージを収録。~京都市のふるさと納税・返礼便で素敵な京料理(今、老舗の「おせち」など大人気、料亭や料理旅館での食文化も!)を是非堪能して下さい!と、アピール~もしました。

京料理の伝統の継承と更なる発展のため、例年、京都を代表する500名以上の料理人の作品が披露される史上最大級の大会。明治19年に第1回が開催。戦時中一時中断されましたが、115回目を迎える長い歴史。
今年は感染拡大防止のため、オンラインで趣向を凝らして開催。
京都料理組合100店舗以上の京料理や最新情報、料理人や食文化を支える食材や名産品等をWeb配信。またYouTubeの京料理チャンネルでの生間流式包丁、五花街による舞など様々なプログラム配信、オンラインでのショッピング、料理教室など多彩に展開!オンライン開催ならではの充実した内容を世界に配信!
創造的に取り組まれる京都料理組合 寺田紳一組合長、京都府料理生活衛生同業組合 園部平八理事長はじめご尽力の皆さんに心から敬意と感謝。
「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されて7年。京都市独自の「京都をつなぐ無形文化遺産」にも「京の食文化」を認定。皆さんと共々に、世界に誇る和食文化の継承・発展へ、引き続き頑張ります。